やはり新幹線はとっても速い。
ちょっと目を離すと、
いつの間にか福島だった。



とても長いいわきの海岸。
たまには何も考えないで、
遠くをみる事も現代人には必要だ。



海岸沿いの静かなカフェ。
涼しい店内で海を見ながら、
アイスコーヒーなんて飲んでいると、
もう炎天下の中ママチャリこぐなんて奇行は
したくなくなる。
:いわき駅から舞子浜公園沿いの約30分。



何処までも続くテトラポット。
番号を見る限り1200個以上!?



仙台へ向かう電車の中から見える、
容赦なく積もった雪。
雪なんて一欠けらも無かった横浜。
急激な環境の変化を見れるのは
電車旅行の楽しみ。



横浜からやっと福島。
郡山駅で乗り換えに備える。
全ては岩手の最東端で初日の出を見るために。
金が無い学生には青春18切符で
ひたすら鈍行リレー。