山形新幹線、つばさ号。
新幹線のレール幅は
普通の列車よりも広いのだが、
つばさは普通列車と同じ幅。
だから姿はほっそりと、
そして車内はちょっと狭いのです。



山形はなんだか懐かしい所。
心が安らぐ、、、



手前は中級コース。
奥は初級コースで、
その先に上級コースへの分岐がある。
どのコースを滑るか考えるのも楽しいよね。



今日はここまで。
しかし!スキーの醍醐味は、
この後の御飯と温泉にあり。



一つ一つの樹氷は結構でかい。
気温、強風、雪質、細かい葉の樹木、
すべての条件が合わさってできる、
自然の像。



山頂は恐いくらい、完璧な樹氷。
綺麗だけど、不気味だ、、、



ここの名物は山頂付近の樹氷。
行けども行けども連なるトゲトゲ。



山形最大のスキー場である、
蔵王温泉スキー場。
広々としたコースに、上質の雪。



また目を離した隙に、
今度は雪に変わっていた。
油断もすきも無い。
流れる情景は目まぐるしい。