時には振り返る事も大事だが、
日々としては前を向くべきだろう。
さあ、日本に帰ろう。



寒々しいイギリスで偶然出会い、
共に学んだ異国の友人達。
何年ぶりかに会っても友は友だった。
  
旧友との会話は尽きぬ事無く、
夜は更けてゆく。
美しき台湾の夜景とともに。



夜景の奇麗なレストランへ招待したかったらしい。
ありがとう、友よ。



台湾の友人が運転する車は山の奥地へ。
実は拉致するための壮大な罠なのかと、
一人妄想した。



暗闇に浮かび上がる淡水の夜景。
その美しさは不安になるほど。



美しい水辺の街、淡水。
波の音と共に、時間は流れる。



地下鉄の淡水線で淡水へ。
つくづく外国はアナザーワールド。



川や橋があって、道路と建設中のビル。
日本とどう違うのでしょうね。



ある一定のルールさえ守れば、
何事もぶつかる事は無い。



山を貫通する道路。
街って面白い。



眼下に広がる、
台湾という国。



頂上までわずか、37秒。
走ってしまいたい気持ちをぐっと我慢して、
ゆっくりと窓へ近づいた。