日没は早いがナイトスキーがあるさ。
しかし、思いと体は別。
筋肉痛の体を引きずり恨めしく一枚。


山で太陽が隠れるため、
ここの日没は早い。
光を背に次々と降りてくる人達。


重い道具と歩きにくいブーツで、
急斜面を登った先には、
ニセコスキー場の頂上が出迎える。
周りを見渡すとみんなヘトヘトだった。


雪と太陽と木の影。
コントラストを強めにすると、
影が浮き立ってくれる。