尾道の優しい色をした夜景が
最後の夜を彩る。


オレンジ色の光を浴び、宿へ向かう。
足に心地よい疲労感を感じつつ。


釣り人の背中が放つ、その領域には
誰も近づけない。


夜の空を、穴のように開ける電球。
暗闇も光には敵わない。