よく見ると、花びらの表面は斑になっている。
端っこは少し傷んでいた。
興味を持って長時間見続けると、
色々と見えてくるものだ。


ツツジを見続ける。
やがて小学校の通学路を思い出した。
今もまだ咲いているのだろうか。


バス停にはツツジが咲いていた。
まるで待ち人が、飽きてしまわぬようにと。


田舎のバス停は、本当に来るか
どこか不安ですね。