丘の上の猫。
外人墓地を守ってます。



外人墓地の管理事務所は、
素敵な建築。



鎌倉へ。
風情がある「こ寿々」の蕎麦は、
少ない量だけど、上質の味。



この道に来るたびに、
歩くことは楽しいことなのだと、気づかせてくれる。



鎌倉を見守る、鶴岡八幡宮。
ここが日本の中心だったなんて。



「あの大銀杏に隠れていた者によって、源実朝は斬られたのです」
小学校の遠足で先生がそう言っていたのを思い出します。
修学旅行や観光で大銀杏を見た方も多いでしょう。
みんなの思い出をのせた大木は、
強風によって倒れてしまいましたが、
僕たちの記憶の中ではいつまでも、立ち続けることでしょう。



八幡宮前の特殊な交差点。
真っすぐ行くと海へ出る。



夕日と共に江ノ島が現れた。
湘南はそんな場所。



江ノ島頂上へは、歩いてもよし、
このエスカーで登ってもよし。



高度を上げてゆくにつれ、
ここが不思議な島だと感じてくる。



子供の頃は走らずにはいられなかった。
今、疑問に思う。
このちんたらとしたエスカレータで、
我慢できるのはなぜなのだろうかと。



頂上からの素晴らしい景色は、
失われつつある少年心を呼び戻してくれる。