花火は何も残さない所が清々しい。
あの儚くも芸術的な光を、また見れるよう、
来年まで頑張ろう。