遠くで横浜は煌めいていた。
アスファルトを踏みつけ、
あの暗闇へ飛び込もう。



時は深夜2時。
誰もいない道路でも、
信号はやるべき事をしていた。



あたりまえと思っているものが、
一番大事なんだと、人は気づくだろう。
危機的状況で。



横浜の高級住宅街、山手。
上り詰めた方たちが住む丘だ。



山手の丘に立つ。
横浜の光をあびる。



夜景には人の心を揺さぶる力が、
きっと潜んでいる。



深夜の高級住宅街を歩くと、
心拍数が上がりますね。



港の見える丘公園は、眠っていた。
シャッター音が鳴り響くほど、静かに。



缶コーヒーが最高に美味しく飲めそうな、
夜更けですね。



充実した日ほど、深夜が好きになる。



「横浜のおすすめスポットはどこですか?」
「大さん橋です。間違いなく。それは僕にとって」



そこは異空間へと誘う暗闇。