キャニングタウン駅。
地下だけど外光を取り込んでいるので、
開放的で明るい。



エスカレータってカッコよくできるのか。
でもロンドンのエスカレータは非常に早い。



キャニングタウンのバスステーション。
それぞれの方面に一つの部屋が
用意されている。



キャニングタウン駅全貌。
ロンドンで一番近い空港、
シティエアポートへは、ここからバスで行く。



ノースグリニッジ駅
今までと一転して濃いデザイン。



ノースグリニッジのバス停の椅子。
なんとも愛嬌がある。



開放的な駅前。
完全に商業地区な為、今日は人が皆無。



トゲトゲトームこと、ミレニアムドーム。
R・ロジャースは斬新すぎる建築家。



疲れた、、、
そんなときは公園が一番。
公園は世界共通の安らぎの空間。



ここは日本で言うなら、
みなとみらいか百地だろうか。
さあ、次はあのビルの森へ。



キャナリーワーフ駅。
ここでもイングランド建築界の巨匠、
フォスター卿による設計。



洞窟のように奥へ深く続く。
でも天井がやたら高いため、
圧迫感はまるでない。