折りたたみ自転車で湘南をゆく旅 ブロンプトンと鎌倉-城ヶ島 | トモレンズ旅本

快晴の岸根公園。
思わずチャリで海に行きたくなる。



湘南のシンボル、
江ノ島へと誘う電車は江ノ島電鉄。
通称、エノデン。
駅は古めかしく単線で、
懐かしさ漂う。



この線路を沿っていけば、
いつかは海に出る。
ロマン溢れんばかり。



下町っぽいエリアの隙間を、
江ノ電はスレスレに駆けて行く。



商店街では路面電車に変化する、
海の路面電車、江ノ電。
函館を思い出した。



狭い商店街に、
江ノ電が飛び込んできた。



コンビニの目の前を通り過ぎてゆく、江ノ電。
この電車が通れない道なんて、
ないかのようだ。



江ノ電を追いかけた末に、
ついに海へ出た。
夜の時とはまた違う雰囲気の、
江ノ島周辺。



江ノ電を横目に、
チャリにサーフボードを積んで走る、
海辺の人達。
湘南に良く見られる光景。



駅百選に選ばれた、鎌倉高校前駅。
海を見ながらベンチで電車を待てる、
素敵な駅。



海辺の信号機は、もはやアートのように、
味わい深い気がする。



江ノ島を背景に、
波にいそしむサーファー達は、
実に絵になる。