街は桃と穏やかさに包まれた。
横浜の桜を見に行こう。



お花見とは、観察ではなく、集う事。



僕の近所にも春が来たようです。



風が頬を伝い、桜の木を揺らす。
空に舞う欠片は、あなたの一部。



ビジネス街の新横浜にも、
新緑が咲いていた。



もはや桜しか見えないほどの三ツ池公園。
歩いてみよう。



ここは「咲き乱れる」という言葉の
映像化ですね。



鳥達もこの季節を待っていた。
開けた口にえさが投げ込まれる、
夢のような数日を。



飛行するものは何でも美しく感じる。
むしろ美しくないと飛べないのだろう。



桜でさえ一年に一回は人を元気にさせる。
僕たちにも、できないはずがない。



桜の輝きは一瞬でも、
その記憶は永遠なり。



なにがあろうとも、日本の美しさだけは、
絶えない。