ファンタジーを感じる、
素敵な建物。



素晴らしい道は、どれほど歩いても疲れない。



イギリス積み、フランス積み、オランダ積み。
レンガの積み方は色々あるけれど、
やっぱり写真のフランス積みが好きです。



女神大橋は長崎湾を美しく見守ってます。



楽しみにしていた出島は、
周囲が埋め立てられ、
まるで出ていなかった。



母の手を握ってさえいれば良い時代も、あった。



さあ長崎の夜景を見に行こう。
稲佐山へ。



頂上駅からの展望台へ。
少年の頃なら確実に走っていた。



展望台の屋上へ向かう。
窓から見える景色に期待が膨らむ。



様々な歴史があった長崎の街。
だからこそ、とても美しく感じた。



夜景の時間には早かったようだ。
山の頂上は寒い。
あたたかい缶コーヒーを買って待とう。



やがて、いつものように日が沈む。
どんな夜景が待っているのだろうか。