たんぽぽに生まれ変わるのも悪くはない。
人間になれないのならば。



水田は輝いていた。
どんな金よりも黄金に。



水面に反射する雲が、
揺れる苗の上を通過してゆく。
田舎が羨ましいと、淋しく思った。



涼しい夜だった。
通りすぎる人の風が、心地よいほどに。



予報は一日中、雨。
旅の日の雨は、どうすれば良いのだろう。



雨が嬉しくないだなんて、
きっと恵まれているのだろう。



松山城を中心に街は発展した。
雨のお城を見てみよう。



天守閣からの眺め。
当時とは大きく眺めは変わったのだろう。



松山の街を、鯱が守ってます。



「セブン・グレート・スピアーズの加藤嘉明が
勝山ヒルにキャッスルをビルドした。
彼は馬のドライバーで名をあげ、
後にここを、サイト松山とネームした」
日本の歴史の英語翻訳は、面白い。



どんな人が訪ねて来たのでしょうね。



容赦なく振り続ける雨の前では、
旅行者は無力。