関西建築めぐり旅・奈良 東大寺、法隆寺の奥深さ | トモレンズ旅本

旧奈良駅。
お寺のような洋風建築。
取り壊されてしまう予定だったが、
署名運動により保存されるそうです。
こういう建物は是非、
後世へ残していって欲しい。



潜水艦のような、なら100年会館。
コンサートなどが開かれます。
設計は磯崎新。



さあ、お寺へ行こう。
のどかな砂道を歩くと昔へ戻ったみたい。



横を向くと、鹿。
鹿だよ!普通に歩いているよ鹿。
さすがは奈良。



道の奥は鹿だらけである。
めっちゃ見てる、、、



夏とお土産と鹿。
ずっと続いて欲しい風景だ。



外で食べるそばは美味しい。
でも鹿に注意である。



さあ東大寺へ行こう。



大仏堂への入り口。
切り取った風景がある。



巨大な大仏堂。
修学旅行で来た時は何も感じなかったが、
今見ると、なんだかいいね。
お寺良いかも。



大仏堂の入り口。
近づいてみるとかなり巨大な建物。
よく作ったなぁ、、、



天井が高い大空間に大仏様。
有難や有難や。