大人のための旅先、昔過ごした公園


小さい頃に遊んだ公園を覚えていますか?
社会人になると中々、公園なんて行かないものです。
ましてや昔よく過ごした公園は、引越したりしてもう遠くにあるものですね。
でも再び昔の公園を探して行くのも、大人ならではの旅なのではないでしょうか。

今回、よく遊んだ岸根公園というところに、昔を思い出しながら歩いた旅を
動画にしてみました。

公園に行ってばかりの小学生

そういえば小さい頃は、家よりも公園にいた記憶があります。
家に庭がないかわりに、岸根公園という大きな公園が隣接していたので、
暇さえあれば行ってました。公園に行けば誰かしら友人がいた時代です。
警ドロ、ビックリマンシールの見せ合い、ローラースケート、手で打つゴムボール野球・・・
パートから帰った母に呼ばれるまで、岸根公園なら楽しく過ごせたのです。

公園を走ってばかりの中学生

中学校はこの公園にほぼ隣接している学校でした。
なので体育の授業や陸上部の練習で岸根公園をそれはよく走りました。
一周700mほどの外周を、一体何周したことか。
ただ、岸根公園を走っていれば悩みなんてどこかに行ってくれたのです。


公園からやってくる高校生

高校へは岸根公園を通って行きました。
放課後になると今度は友人たちが岸根公園を通ってよく遊びに来たものです。
僕の6畳部屋に7、8人が来て、ゲームや他愛もない話をする、賑やかで幸せな時間。
岸根公園は良き友人たちを連れて来てくれる、偉大な場所のようです。

子猫は浪人生を悩ます

浪人の頃は息詰まる毎日でしたが、一つだけ休まる時間がありました。
我が家に子猫がきたのです。
必死で追いつこうと机に向かう僕の膝に登ったり、教科書を荒らしたりするので、
当時は憤慨しましたが、勉強はこん詰めても成果はあがりません。
たまに猫と遊んだり、岸根公園を散歩したりしました。
ほどほどに休憩が必要だ。そのことを猫が知ってたかはわからないですが、
結果として大学から合格通知が届いた時、
僕は猫を絞め殺さんばかりに感謝で抱きしめた。

それから12年後

就職をしてからは、岸根公園に行くことはめっきり減ってしまいましたが、
独立を機に、久々に思い出の岸根公園へ旅して撮影したのは、
以前旅本にまとめました。


今回はAdobe Lightroomで音楽を付けて動画に書きだしてみました。


昔過ごした公園に旅しよう

もし当時遊んだ公園の場所が分かるのであれば、
是非、旅してみてください。
原点を見つめることで、本当にやりたかったことを思い出し、
振り返ることで、新しい道に行けることもあります。

昔の公園が残っているかどうかは大丈夫です。
日本には都市公園法という法律があるので、
小さい頃に遊んだ公園は、今でもきっとありますし、
もしあれば100年後もおそらく残ってゆくでしょう。

公園は基本的に長生きなのです。
昔、あなたと一緒に過ごしてくれた公園に、
もう一度、会いに行ってみてください。


今しかない、両親を旅行に連れて行こう。


「ブログは一度更新を止めてしまうと、なかなか再開できない」
と、聞いたことがあります。
それは真実に違いないでしょう。
昨年の秋を最後に更新せずにいたら、
いつの間にか7ヶ月もほったらかしにしていた人間が言うのですから。

いや、ほったらかしというわけではありません。
実は何度も自分のブログを見ていたのですが、ああ更新してないなと思うやいなや、
ふたをするようにブラウザを閉じていたのです。
更新しろよという、心の声に責められたくなかったからでしょう。

そんな不毛な逃避をしている間も、旅だけはしておりました。
忙しい仕事、せちがない世の中から逃れるための一人旅などです。
なんだか逃げてばかりですね。

家族旅行の一時休止

今回のテーマは両親との旅行についてです。
小さい頃はよく家族旅行に行きましたが、
ちょうど中学生あたりから行かなくなりました。
その理由は、カッコ悪いと思ったからです。
ほんと、中学生の心理ってなんなのでしょうね。
馬乗りになって引っ叩きたいですよ、自分を。

しかし両親は少しさみしい顔をしながらも、
いいよ、また今度行こうと言ってくれたのを覚えています。
親の愛とは実に深いものですね。
しかしながら僕は、はぁ、、今度ねぇ、、と、なげやりに言ったような気もします。
後ろ髪を思いっきり引っ張ってやりたいですね。


いくらくらいの宿が良いか

「父さんの定年も近いからさ、久々に伊豆の温泉行こうよ。俺が招待するよ」
照れながらもそう伝えた時の両親の顔は、
それはそれは嬉しそうでした。
「また今度行こう」から随分時が経ってしまったようです。

さあ、定年近い両親を旅行に連れて行く場合、どうすればいいか。
やはり旅館系がベターでしょう。ホテル系はどうしても大衆になりがちです。
旅館は最低の価格が2万円からの宿が、この場合は良いでしょう。
この歳での両親との旅行は、一生の思い出です。
2万円からの宿でしたら、ほぼ間違いはないかと思います。

宿の相場とは

今までそれはそれは沢山の旅館に泊まりましたが、
3万円以上の宿は素晴らしいですが、それなら1.5万円の宿に2回行ったほうが楽しいです。
1.5万円からの宿は、地方ならいい宿です。伊豆・箱根などではわりと普通です。
1万円前後の宿は、飯・風呂・部屋のうち、どれか1つがあれー?となるでしょう。
8000円前後の宿は、飯・風呂・部屋のうち、どれもがあれれー?となるでしょう。
6500円前後の宿は、飯・風呂・部屋以前に、玄関を見て帰りたくなるでしょう。
間違ってもご招待の旅行では避けたいですね。登山とかなら良いのですが。


旅は人を幸せにする

「幸せな旅行だったよ。ありがとうね」
河津桜を見た帰りに両親からそう言われた時は、
自分まで幸せな気分になりました。

今、振り返ると両親がまだ歩けて元気なうちに、
旅行に招待できて本当に良かったと思ってます。
これはかなり大事な思い出にもなってます。
後から思い出は作れません。
今しかないのです。
もし両親がご健在でしたら、ぜひ旅行をプレゼントしてみてください。


あとがき 真夏の北アルプス・槍ヶ岳 狭き頂上を目指して

 


名は体を表すと言いますが、
“槍ヶ岳”とは何て素晴らしいネーミングなのでしょう。
その山の形状を改めて申し上げる必要もないくらいです。

天空を刺す、槍の切っ先ともいえる頂上を目指し、
1100mから、それはそれは地道に登って行きました。
重いテントを担ぎ、汗を流し、右足を出しては左足を差し出す。
無限にも思えるような交差を繰り返していると、やがて
仕事のことも、お金のことも、家族のことですら全て忘れて、
この自然と山々に同化していくような感覚になります。

これこそが登山の醍醐味であり、長所かと思います。
もしあなたが悩みやストレスがあったときは、
山、特に槍ヶ岳に行くと良いでしょう。
美しい飛騨沢や、アルプスの稜線、そして孤高の三角錐が
きっと心を開放させてくれます。

そして、いよいよ最後の岩を登りきって、頂上に立った時、
誰もが、子供の頃のような気持ちに戻るでしょう。
神々が作った、北アルプスの狭き頂点で、
かつての自分と、再会してください。


――― 真夏の北アルプス・槍ヶ岳 狭き頂上を目指して 全55枚 完
 


薄暗くなってゆく。
道も見えなくなる。
歳をとれば引き返すことは困難だ。
そうなる前に、自分にとって正しい道を見出そうと、
帰り道、静かに思った。